2018年11月15日

名刺

日出づる国「日本」
日章旗の赤い日の丸は日の出の太陽を象徴。
赤は博愛と活力で白は神聖と純潔の意味。
紅白はめでたい日本の伝統色。
日本という国名が使われるようになったのは飛鳥時代。
それまでは屈辱的だが倭を使っていた。
倭は腰の低い従順な奴という意味。
本居宣長は大化の改新の頃には日本と書いて「ひのもと」と読んでいたという。
日本書紀では日本と書いて「やまと」と読ませている。
大日本と書いて「おおやまと」とも読む。
「にっぽん」は「ジッポン」というシナの発音。
シナからの借用語「ジッポン」が西洋に伝わり「ジパング」となり「ジャパン」となる。
アラビア語・ペルシア語で「ジパング」は金山を有する島と言う意味。
日本は「にっぽん」ではなく出来ることならば「ひのもと」もしくは「やまと」と呼ぶべき。

名刺
posted by azumaebisu88 at 23:47| 八紘会

2018年11月08日

左上右下

政治結社八紘会は自衛隊と同じ日章旗を左袖にしたのかというと日本には左上右下という言葉がある。
日本の伝統礼法。
左を上位で右を下位とする左上位のしきたり。
左上位は正面から見ると右が上位で左が下位となって左右の序列が逆になる。
あくまでも並ぶ当事者から見て左側を上位とする。
律令制での並び順は天皇陛下から見て左側に格上の左大臣右側に格下の右大臣が立つ。
律は今でいう刑法で令は行政法・民法。
大日本帝国陸軍は天皇陛下の左側。
大日本帝国海軍は天皇陛下の右側。
つまり陸軍が格上で海軍は格下。
外国では米軍など国旗は右袖が多い。
外国のマナーは右が正しい(right)となり日本と逆の右上位となるが政治結社八紘会の日章旗は左上右下で当然左袖となる。

左上右下.jpg
posted by azumaebisu88 at 23:07| 八紘会

2018年11月02日

武道

「どの格闘技を習えばいいのか」と問い合わせが多くあります。
ストリートだけ考えれば組技系を習い修得した後に打撃系を習うのがディフェンスには良いと思う。
相手が組技系の場合はタックルさせない。
タックルを切りローキックや膝蹴りや肘打ちに上下のパンチで対抗。
タックルもボブサップのような怪力で重量があればそう簡単に技はかからない。
しかし顔面にパンチやキックが一発でも入れば倒せる可能性もある。
打撃系でこの一発や組技系で技を一つ習得すればかなりディフェンスに役立つ。
すべての格闘においての有効打は頭突きと金的で思った以上に効く。
練習を重ねるごとにディフェンス技術が向上してディフェンスがオフェンスを上回る。
相手の好きにさせない。
ストリートはスポーツではないので勝てなくても負けなければ良いという結論になる。
もし一つだけ習う格闘技を考えると柔道という武道に行きつく。
柔道は負けることから覚える。
ディフェンスの理に適う。
大道塾の空道もお勧め。
武道はストリートとは違い勝ち負けではなく礼に始まり礼に終わる。
武道とは武を通して人の道を学ぶもの。
礼儀礼節のない格闘は何の意味も持たないただの暴力。
武道は術から道に発展した伝統文化である。
日本古来の尚武の興隆より皇国繁栄と世界平和の確立を以て国体護持の神髄に徹し七生報国と純忠至誠の気迫を発揮する為に具現に向って邁進せんことを期するのが政治結社八紘会です。

空道
posted by azumaebisu88 at 23:22| 八紘会